« 勇者伝説 | トップページ | 勇者伝説:世界観設定 »

勇者伝説キャラ紹介

主人公:セクト

主人公の名前は思いつき・・・・今考えた

父親は傭兵の隊長で隊を率いて今の町に逃げてきた。その後町に戦い方を教え、コンキスタドール(征服官)の攻撃から町を守るだけの戦力を町に作った張本人。その後敵との戦闘中に討たれて死んだ。

母親

魔法を得意で町に魔法をもたらす。現在は町の魔法教官をしている。

幼馴染

そのまんま・・・・・特に無いなぁ後に主人公に付いてくのは確定、

領主の娘

そのまんま

主人公の弟

領主の娘が好き

後はおいおい説明

ここからが本題

英雄(魔王)ガイアス

魔界を人間の支配から救い、謀反者(宿敵)天界を征服。

初代魔界帝国皇帝、魔剣:ガイザーの後継者。

仁徳に優れ、カリスマ性に優れているがラトギアの第一後継者聖皇妃(聖女)シルフィーヌを強引に自分の妻とした事は仁徳者とは言い難い行為だがそれでも女神シルフィーヌの英雄指定は変わらなかった(つまり魔界を救った英雄という行為は何をしても変わらないということ)。

宰相:ホルグス

魔界を第一と考える人物

白狼

ウルフ族(魔界の)の出身でガイアス第一の家臣、四天王筆頭

セリティア

ガイアスとシルフィーヌの娘であり魔界軍東方司令官である。

聖剣:セリティカの正統後継者でもある。父親に愛され人間でありながら魔界を苦しめた人間が嫌いという人物。妹もいる。

熾天使:リリエル

女神シルフィーヌが魔界解放の為に使わした天使。

女神シルフィーヌ

天界最高神だが決して天界の政治には口を出さない。逆に言えば天界が攻撃されても彼女は正しい方を選ぶ。シルフィーヌという名前の人物は多いが全て彼女の名前からきている。民族、種族、立場などを越えて自分が知る限りの英雄的行為をして者に英雄と言う称号を与えている。

|

« 勇者伝説 | トップページ | 勇者伝説:世界観設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勇者伝説 | トップページ | 勇者伝説:世界観設定 »