« 勇者伝説キャラ紹介 | トップページ | ちなみに »

勇者伝説:世界観設定

魔剣:ガイザー

世界最初の魔剣。救世の女神が鍛冶屋ジグスに作らせ自分で術式を施した剣

人間族を天界から救い、解放の象徴とされた剣でもある。アテス(救世の女神の出身地))の神殿に祭られていたが戦乱で悪用されるのを恐れた神官により魔界へ持ち出された。

魔界に住む人間族(魔人族)に非常に歓迎された、なぜなら女神は魔人族(正確には魔族と人間のハーフ)である為と女神は魔界を救い魔界に住む人間達の象徴だったから。

壮大な神殿に祭られていたが人間族が返せと言ってきて拒否したのが原因で魔界に攻めてきたという因縁つき(本当は魔界を支配したいという欲望が本音であった)。

魔人族出身のガイアスに後に隠されていた魔剣は救世主の為ならと渡されることになった。

聖剣:セリティカ

人間族の支配の象徴、ガイザーが解放ならこちらは支配を現す剣である。

|

« 勇者伝説キャラ紹介 | トップページ | ちなみに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勇者伝説キャラ紹介 | トップページ | ちなみに »