経済・政治・国際

児童ポルノについて

世界では批判がある?

くだらない、世界とはなんだ?単純所持が日本とロシアだけ?笑わせるな

アフリカやアジア、南米には児童ポルノどころか国として機能してるのか疑問になる国は山ほどあるし、政府が略奪したり奴隷といった存在してはいけないものまであるのが現状だ!!

欧米が世界?どの批判記事も世界という言葉が不明確で実証のあるものでは無い。

自分たちの意見に否定的な資料や情報を見ようとしない人々にはたしてエロゲー批判が出来る良識的な判断能力があるとはとても思えない。

二次元は規制して児童ポルノも規制して通常の風俗にはおとがめ無しというのもおかしい。

署名より多くの人を規制反対に集めるのは容易である、ただ今は現実味が無く机上の論理としか認識されていないため多くのエロゲーユーザーと二次元のファン達が表立って動いていないだけの様に見える。

テレビは報道しないし世間の評論家達の多くは二次元世代とは無縁であるため、この問題がどれほど日本国内で大きな問題に発展するか認識していないようだ!!

テレビでは分からないが若者世界で二次元(ネット)が占める割合は既に現実そのものとなりつつある、規制は時代の流れから日本及び欧米が確実に逆らっている。

ネットは今のところ現実とはある種独立した存在だが規制が強まれば今まで政治に関心の無かった多くの若者を動かす事になる、そうなれば安保闘争以来の社会対立が浮き彫りになり戦後日本の未来が変わる可能性があるかも知れない。

最後に補足として安保闘争は失敗した、なぜなら結局日米安保が正しかったからだ。

しかし、今度はそうはいかないかも知れない、なにより嘗ての絶対なる自民党政権はもう存在しないのだから・・・・

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

小説 | 経済・政治・国際